高校生の時バイクの免許を取得し、親戚から原付バイクを譲り受けたんですけど、最初の2年間はかなり快適に乗っていたんですよね。
バイクの寿命を感じる瞬間

高校生の時バイクの免許を取得し

★ 40歳 : 女性の話
高校生の時バイクの免許を取得し、親戚から原付バイクを譲り受けたんですけど、最初の2年間はかなり快適に乗っていたんですよね。高校3年の夏、車の免許を取るためバイクで教習所に向かっていたら夕立がきてあっと言う間に道路が見えなくなってしまったんです。
もう運転するのは無理だと諦め、父に迎えにきてもらったんですけど、その時、イクが少し水没しちゃったのです。

エンジンはかかるものの、アクセルをふかしても全然走らなくなっちゃって1度直してもらったんですけど、結局また少し経つと同じような感じになってしまいました。
その時は、雨に濡れたことが原因で調子が悪くなっちゃったのかな?って思っていたんですけど、今思えば寿命だったように思えるのです。
なぜなら、そのバイクを買ったのは10年近く前でいとこがいとこに譲って、そのいとこが私に譲ってくれたのでオーナーは3人。ずっと長く走っていた訳ですから、年数的にももう限界だったのかな?って。

注目情報