何にでも寿命があります。
バイクの寿命を感じる瞬間

何にでも寿命があります

★ 33歳 : 女性の話
何にでも寿命があります。もうだめかな?と思ったら、切り替えるということも大事。
バイクだってそうです。
機械関係のものっていうのは、何かとガタが来てしまうものですよね。バイクの寿命を感じた瞬間。それは音が何か変だと思った時です。
いつもの音じゃないなって思ったら、もう寿命なのかもって思います。そういう音っていうのは常に敏感になっていなければいけないのではないかなと思います。
音の違いっていうのは、普段乗っていないと中々分からないものでもあると思うのです。
またパーツが緩んできた時には、締めればいいかもしれませんが、それも寿命が迫っているからこそなんじゃないかなと思います。新しければ、パーツが緩むということもありません。
だからこそ、キチンと管理をするということも大切なのではないかなと思います。いつもチェックをしておくことで、すぐに異常に気がつくということもあるのではないかなと思います。