どんなにいいバイクで、高い金額で購入したバイクでも、必ず寿命があります。
バイクの寿命を感じる瞬間

どんなにいいバイクで

★ 36歳 : 女性の話
どんなにいいバイクで、高い金額で購入したバイクでも、必ず寿命があります。寿命を延ばすにはまめにバイクのメンテナンスをすることと、手入れをしてあげることが大事です。
バイクの寿命を感じるようになったら、バイクに乗って安全かどうかも調べてもらう必要があるでしょう。
バイクの寿命を感じるときは、自分で乗り心地が悪くなったと感じるときではないでしょうか。ブレーキのききが悪くなったり、油が漏れてきたりなどの不都合な部分は、修理などでまた乗れることがありますが、スピード感やバイクの快適な走りを望んでいる人は、自分好みの走りができなくなったバイクは魅力がなくなったと感じることがあるでしょう。
自分自身の求めている乗り心地でなくなったときが、バイクの寿命を感じる瞬間なのではないでしょうか。古くて年代物のバイクでも、自分の走りの好みに合っていればまだまだ寿命ではないと感じるはずです。
その人の求めているバイクの機能ができなくなったときが寿命と言えるのではないでしょうか。

注目情報