バイクの寿命を感じる瞬間は、具体的に述べると意外と多いのではないでしょうか。
バイクの寿命を感じる瞬間

バイクの寿命を感じる瞬間は

★ 29歳 : 男性の話
バイクの寿命を感じる瞬間は、具体的に述べると意外と多いのではないでしょうか。消耗品という部品が流通しなくなったときは、乗り続けるのをあきらめる人は多いと聞きますね。エンジンの寿命は車ほどではないと思います。なぜならバイクの方が激しくエンジンを噴かせているからです。
車ではよく10万キロが目安になっています。
我が家の車も今年買い替えまして、両方とも走行距離が10万キロに達していました。
父の車は12年間も乗ったので、さすがにあきらめたようです。
バイクも走行距離が10万キロに達するぐらいになると、おそらく10年近く乗った事になるでしょう。
そしてエンジンに異音がしたりし始めると、もう寿命という感じでしょう。我が家の車でもエンジンに異音がして、とうとうエンジンが動かなくなって車自体が駄目になりました。
目安としては10年の使用というのも入るのかなと思います。家電製品もテレビはよく出来ていますが、15〜20年が寿命というところではないでしょうか。
バイクもおそらく15年はもたないと思います。よくて10年を目安にしたいところです。
有名なバイクだと、もっと使ってもいい場合があります。ユーザーや愛好者が多い場合は、消耗品なども長く提供されると聞きます。