バイクの寿命を感じる瞬間というと、バイクに乗っているときの違和感が増えたときだと思います。
バイクの寿命を感じる瞬間

バイクの寿命を感じる瞬間というと

★ 37歳 : 男性の話
バイクの寿命を感じる瞬間というと、バイクに乗っているときの違和感が増えたときだと思います。ギアを変えるとき、エンジンをかけるとき、スピードを上げるとき「あれ?」と思ったときには注意が必要です。

そういった「感覚的」なものというのは意外と重要で、メーターや見た目ではわからないような違和感が、バイクの寿命を感じるきっかけになったという話はよく耳にしますね。
バイクというと一般的に寿命は10年だといわれています。 もちろん日々のメンテナンスやお手入れの仕方、保存の仕方、ライダーの運転の仕方などでいろいろ多少はその期間は変わってくるとは思いますが、一応の目安として10年といわれています。 それは走行距離にもよりますが、ただだいたい10年でバイクの交換部品の入手が困難になるということからもいわれているそうです。

愛車をずっと長く大切に乗りたいというのはライダー全員に共通するものだと思いますが、やはり第一に重視すべきは安全性です。
そういったバイクの寿命を感じたときにはすばやく対応をとることが重要です。