バイクの寿命を感じたときの、何とも言えないあの切なさは例えようもないほど嫌なものです。
バイクの寿命を感じる瞬間

バイクの寿命を感じたときの

★ 33歳 : 女性の話
バイクの寿命を感じたときの、何とも言えないあの切なさは例えようもないほど嫌なものです。
どんなものにも寿命はあるけれど、自分が大事にしているものの寿命は、とてつもなく悲しいものです。
だから私は、寿命のあるものであろうが無かろうが物を大切にします。
たとえばバイクなどは名前をつけてペットのように接しています。ぶつけたら「入院」、バイクの点検は「通院」、ガソリンの補給は「食事」といったようにまるでペットのようです。
そんなバイクの寿命を感じる瞬間は、加速がイマイチだったときです。

信号待ちで青になった瞬間に誰よりも早く飛び出せるはずが、「うぃ〜ん、うい〜ん」というアクセルの空回りのような症状でバイクの寿命が分かります。
バイクの良さは小回りがきくことです。
渋滞であっても関係ないことです。
バイクには色々なメリットがあるので人気です。
少しでも高く買い取ってもらうために、私はバイクの寿命を感じる前にバイクを下取りに出して買い替え得ることにしています。大事なバイクが査定価格も無くなりただただ老いて行くのを見たくはありませんから。