私がバイクの寿命を感じた瞬間でバイクを手放す原因にもなったのは燃費です。
バイクの寿命を感じる瞬間

私がバイクの寿命を感じた瞬間でバイクを手放す原因にもなったのは燃費です

★ 33歳 : 男性の話
私がバイクの寿命を感じた瞬間でバイクを手放す原因にもなったのは燃費です。
バイクというと、車に比べて燃費がかなり良いというイメージで、私の場合は原付バイクだったので、さらに燃費は良いはずだったんですが、だんだんと燃費が悪くなっていくにつれて寿命を感じるようになりました。

原付バイクの場合はガソリンの満タン量が少ないので燃費が悪くなったかどうかは気づきにくかったんですが、毎月のガソリン代がどんどん上がっていくにつれて寿命が近づいていることを実感しました。

原付バイクの場合は燃費以外にも寿命を感じることがあります。それはエンジンがかかりにくくなることです。
初めはエンジンスタートのボタンでエンジンがかからなくなり、次は足でもかかりにくくなります。
そして最終的にはバイクを修理に出すんですが、一度かからなくなると寿命になるまでが早いように感じます。ですが、どのバイクもパーツ交換や修理、点検をすればまた動くようになるので、最終的に寿命を決めるのは自分次第かなとも思います。

注目情報