車の場合、エンジンがかかりにくくなるとそろそろ寿命ということも多いです。
バイクの寿命を感じる瞬間

車の場合、エンジンがかかりにくくなるとそろそろ寿命ということも多いです

★ 45歳 : 女性の話
車の場合、エンジンがかかりにくくなるとそろそろ寿命ということも多いです。
車の場合には、整備する場合には自分ではできないことが多いです。

しかし、バイクの場合には、部品などの交換が車に比べて簡単に行うことができます。そのため、こまめに点検をして消耗品などを交換してメンテナンスをしっかりすることで、長い間乗ることができます。

しかし、メンテナンスや点検をしっかり行っていても、走行距離が10万キロくらいになるとかなり寿命になってきます。走っているときにスピードが出にくくなり、部品を交換したばかりなのに調子よく走ることができなくなった場合には、バイクの寿命を感じてしまう瞬間です。
整備不良の場合でも、もう寿命のように感じてしまうことも少なくありません。そのため少しでも長持ちさせたい場合には、日々の点検がとても大切です。
点検をまめに行っていることで、寿命か部品の消耗が原因なのかがすぐに分かります。

注目情報