私が以前乗っていたバイクは、10年以上乗っていました。
バイクの寿命を感じる瞬間

私が以前乗っていたバイクは、10年以上乗っていました

★ 38歳 : 女性の話
私が以前乗っていたバイクは、10年以上乗っていました。
ちゃんと手入れをしていたので、全く問題も起こることなく乗っていました。
が、バイクに乗らなくなってしまい、手入れをしなくなってしまったら、バッテリーがあがってしまうことが多くなりました。

エンジンが壊れたり故障したりして、修理が必要になる機会がとても多くなってきます。そうすると、必ずかかってくるのが修理代です。
バイクの修理代もそんなに安いものではありません。あっちもこっちも修理をするようになると、もしかしたら買ってしまったほうが安いのではないだろうかと感じることがあります。その時が、私にとってのバイクの寿命を感じた時です。

事故を起こしてしまったとき、ぶつけてしまって修理のしようがないとか、修理代にものすごい金額がかかってしまい、新しく購入をしようと思ったときに寿命だったのかも、と感じるときがあります。これは自分に言い聞かせている感がありますが、感じる瞬間です。

注目情報