バイクがもうこれ以上だめだと思う時は、修理やメンテナンスにお金がかかりすぎると感じる時や、交換部品など修理用の部品が手に入りづらくなった時です。
バイクの寿命を感じる瞬間

バイクがもうこれ以上だめだと思う時は

★ 56歳 : 男性の話
バイクがもうこれ以上だめだと思う時は、修理やメンテナンスにお金がかかりすぎると感じる時や、交換部品など修理用の部品が手に入りづらくなった時です。
冬場は寒くて、乗る機会がめっきり減りますが、夏場には買い物やちょっとした移動に重宝するのはバイクです。

でも、修理回数やメンテナンスの期間が短くなってくると、もうそろそろ交換時期かなと思います。
それ以外にも異音がする、パワー不足を感じるようになってきたときです。
エンジンが磨耗するとパワーが不足してくると言われています。それだけじゃなく、クラッチやギヤの磨耗もパワーに影響してきます。加速不足を坂道でのパワーが不足すると感じきたら、バイク寿命だと思ったほうが良さそうです。
その理由は部品や修理代に費用がかかりすぎます。
修理代で程度の良い中古バイクが買える位になります。バイクの耐久性は車より短いことです。
エンジンの回転数が車などよりずっと高回転数だから、エンジンの負担が大きいのです。
エンジンがだめだと感じたら寿命です。

注目情報