バイクは、本当にたくさん乗りました。
バイクの寿命を感じる瞬間

バイクは、本当にたくさん乗りました

★ 50歳 : 男性の話
バイクは、本当にたくさん乗りました。
いったい何台のバイクに乗ったのでしょうか?最初は、ホンダのタクト。そのあと、スーパーカブ。ジョグ。などなど。スクーターの場合は、ミッションに比べて、寿命が短いですね。だいたい発進はしますが、20キロぐらいで加速が止まり、「ぼぼぼ・・・」とエンジンが空回りします。
ほとんどがマフラーの触媒が詰まっているときなので、マフラーを交換しますが、マフラーを交換しなければならないときは、キャブレターなんかもぼつぼつ寿命。走行距離でいうと、3万キロが限界か。スーパーカブは、10万キロは大丈夫。
でも、やはり、エンジンの吹き上がりが悪くなってきます。特に、ローでの発進が悪くなるとこれは寿命でしょうね。
しかし、そこまで行くより、サスペンションなどのシャシーの部分がかなりボロボロになります。
今、ホンダ VTR250ccに乗っています。まずは、バッテリーを交換し、タイヤ交換の後はどうやら、チェーンの交換をしなくてはならなくなっています。これぐらいまではよろしいが、キャブレターなんか来ると、もうぼちぼち寿命か?でも、バイクはこけたらある意味寿命がやってきますので、事故だけはご注意を。

注目情報